Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

「せどり」に向き不向きはない【仕入れないで後悔したくはない!】

スポンサーリンク

 

f:id:No131warehouse:20170816102928j:plain

 

夕飯のおかずを買いに行ったはずなのに、日用品の処分コーナーを見つけるとバーコードを読み込んで相場をチェックしてしまう。


リサイクルショップで大きなぬいぐるみを両脇に抱えてレジに行くのが楽しい。

 

そんな僕はせどりに向いている人間だと思います。

 

こんにちは、イサイです。

 


今日は「せどりに向き不向きはあるのか」という疑問に答えるべく筆をとりました。

 

別に誰に聞かれたわけでもないですけど、勝手に答えたくなったから答えます。天の声が聞こえました(大嘘)

 

副業としてせどりを始めようと思うけど、続けられるか不安。
せどりに向いている人とそうじゃない人の特徴を調べつつ、本当に自分がやるべきか考えたい。

 

きっとどこかにそんな人が待っているから!

 

と、いうことで今日はこんな話をします。

 

○せどりに向き不向きはない(いきなり答え)
○継続できるか不安ならヤフオクで、やるしかない状況ならAmazonで
○仕入れ先が店舗が電脳かは向き不向きがあるかも

 

まず、自分の話をすると、

僕のせどり販路は最初はヤフオクだけでした。後にAmazonとヤフオクの併用となりました。
仕入先は自分に「向いている」実店舗(リサイクルショップ)です。


販路ヤフオクだけのときで月収30万円、amazonを利用するようになって最高月収約100万円という数字を得られるようになりました。


数値的には「僕はせどりに向いている」と言えるのかもしれませんが、正直それは重要ではないです。

 

【せどりの「向き不向き」なんて気にする必要はない】


考えるな、感じろ。   


もとい、考える前にやってみることが大切ですね。

 

そもそも、始める前から向き不向きなんて判断できません。


「あれ、これ仕入れられるんじゃない(売ったら儲かるんじゃない)」と気付いたとき、


それが思うように売れたとき(あるいは予想以上に高く売れたとき)


それが楽しくなってくる、というのが、今せどりをしている多くの人に訪れた始まりです。

 


正直、せどりで数字を上げるだけなら、時間と労力をかければ誰でもできます。


でも、「楽しい」と思えるかどうか、ってことでは向き不向きがあるかもしれません。

 

【せどり向きなのか転売向きなのか】


僕はせどりに向いていると思っていますが、転売には向いていない人間です。


「せどりと転売、一緒じゃねえか」と言われそうですね。そうですね、否定もしません。


買ったモノをそれ以上の値段で売る、という点で同じですから。

 

ただ、自分の定義で言えば、単純に高額になることを見越して仕入れるのが【転売】で、


「工夫したら高く売れるのに、、、」の工夫部分を利用するのが【せどり】なんです。

 

工夫ってのは、例えば同じ商品でも写真の撮り方を変えてみるとか、販売する時期を変えてみるとかでしょうか。


このあたりのことはまた、別の機会に考察してみます。なんだか楽しそう。

 

自分は人目を気にするタイプなので、堂々と「転売屋だ!」とは言いたくありません。


それが詭弁だとしても、自分を守るために自分のことを「競取師だ!」と言います。


ちょっと向き不向き理論から脱線しましたね。失礼しました。

 

 

【覚悟があればAmazonで。まずはヤフオクで試してもOK】


さて、せどりを始めてみようと思ったときに考えなければいけないのは2点


「どこで仕入れるか」

「どこで売るか」

です。

 

先にどこで売るかの話をします。


「メルカリ」「フリル」「BUYMA」「eBay」、、、様々なプラットフォームがある中でも自分は「ヤフオク」と「Amazon」を推してます。

 


Amazonの出品体系には月額のかかる「大口出品」と取引ごとの販売手数料が上乗せされる「小口出品」がありますが、せっかくAmazonを利用するなら月額約5300円で大口出品を選ぶべきでしょうね。


対してヤフオクはプレミアム会員費月額498円が必要です(プレミアム会員でなくても出品できますが、利用料の差と制限があります)


単純に取引量(仕入量)が多くなればAmazonを利用するしかなくなってくるでしょう。逆に少ないうちはヤフオクだけでも問題ないですね。

 


【仕入れ先が店舗が電脳かは向き不向きがあるかも】

 

 

www.sedorhythm.com

 


昨日の記事でも一生懸命「電脳がいいよ!ホントだよ」って主張したのですが、時間的地理的制約のないネットでの仕入れの方が、メリットが多いのは間違いないです。


でも、自分には


●車を持っている、かつ運転が好き

●日中、時間がある


という、店舗仕入れ向きの条件が揃っていたので、店舗仕入れをしています。これは生活スタイルによって向き不向きがある部分ですね。


例えば会社勤めの人でも、日中自由に外に出れる営業の人と、オフィスに籠っている事務職の人では、取り組めるものが変わってきます。


あ、お仕事サボって仕入れしたらいいってことじゃないですよ、お仕事頑張りましょうね!バレない程度で←

 

【向き不向きを見つけるには「行動を続ける」しかない】


せどりに限らずですが、「これが好き!」と事前にわかって行動することはできません。


自分はリサイクルショップに行くのが好き!で中古せどりを始めた経験しかないので、向いているか向いてないかは、
やってみないとわかりません。


一見、雑な結論付けのようにも見えますが、これが真理でしょう。


「考えるより、まず行動」

 

仕入れないで後悔するより、仕入れて後悔するほうがイイ!(後悔しちゃダメか!)

 

 最終的に、これが言いたかった模様です。

 

 

 

それでは、今日はこのへんで


また明日!

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ランキングが上がるほど、僕のやる気がでてきます。 

応援クリック、お願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ