Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

仕事がイヤならせどりをしよう【フリーランスバイヤー】

スポンサーリンク

f:id:No131warehouse:20180424125203j:plain

 


自分、決めました。「フリーランスバイヤー」になります。


僕の場合「ネットショップで販売する商品を(勝手に)買い付けてくる」フリーランスバイヤーなので、


それってただの「転売ヤー」じゃねえかと言われると、それまでですが、モノは言いよう。

 

リサイクルショップで買い付けてきてもバイヤーって名乗っていいじゃないですか。


BUYMAやってる人って、自分のことBUYMAのバイヤーだっていうじゃない。偏見ですよね。

 


と、いうことで今日から「フリーランスバイヤー」だと思うことにします。


遠征先で買い付けてきた荷物が車に溢れているのですが、まだ降ろせていません。


バイヤーのお仕事は大変だぞぉ。

 

 

【コミュ障バイヤー】


組織の中でうまくやっていけない。業者との交渉もしたくない。


そんな自分がたどり着いたのが店舗せどり中心の今のスタイルだったりします。


あれ、ネット(ヤフオクとかメルカリとか)で仕入れればいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、


購入の際のやり取りがイヤなのと、宅急便の担当者が怖いという不思議な理由の結果、こうなりました。

 

お店で商品を選んで、価格交渉もせずに黙ってレジに持っていくのが僕のスタイルだ!どうだ!


昨日も「クレジット、1回で」くらいしか言葉を発していません。


そんなひと言すらも「デビットですか?」と聞き返されて悲しい思いをするわけで、、、、


滑舌よくなりたいよね。

 

コミュニケーション苦手なひとは価格交渉とかできないから、店舗せどりは向きません、と言われてますが、

 

こんな自分でもできているので、無理じゃないです。何とかなります。

 

 

【フリーランスになってしまった時の気持ち】


あえて「なってしまった」と書きますが、せどり大好きな自分でも、自発的に専業になったわけじゃないんです。

 

勤めてたときは、仕事の合間のリフレッシュとしてリサイクルショップでせどりをしてました。


そのときは、せどりを専業でやる気なんてサラサラなかったんです

 

稼ぎ続けられるイメージはなかったし、覚悟もなかったから。

 

でも、ある意味メンタルやられて(弱くて)職を失った時には、


「まいったなあ、もうせどりで生きてくしかないよ」
と、言いながら、内心ウキウキな自分がいました。

 

今はおかげさまで毎日楽しく生きてます。

 


で、気付いたのが、リフレッシュとしてのせどりと、本業としてのせどりって別モノだなってこと。

 

 

本業のストレス発散という、ある意味ネガティブな心持ちで取り組んでいたんですよね。以前は。

 


それに比べると、「さあ、これで稼ぐしかない!」っていう今の状況は、結構ポジティブでしょ。

 

 

「せどりが安定したら、、、」なんて考える必要はない


理想というかオススメは、やりがいと余裕のある本業を持ちつつ、副業せどりで稼げる、複業状態なのですが、そんな状況はなかなか手に入りません。


だから「せどりが安定したら、、、」なんて考える必要もなくて、仕事がイヤになったら辞めちゃえばいいじゃんって思ってますです。


会社勤めの安定収入&福利厚生というメリットがなくなっても、自分を大事にするってのが一番大事だと思いますので。


体も心もいたわっていきましょう!

 

 

それでは今日はこのへんで。


また明日!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

応援のクリックも、是非ぜひお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ