Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

「クリエイティブ」に生きるために:米津玄師に憧れて

スポンサーリンク

 


久しぶりにPerfume以外の人のCDを買いました。

 

米津玄師の「Lemon」

 

f:id:No131warehouse:20180330071122j:plain

 

 

ドラマ「アンナチュラル」の主題歌だったやつです。

 

ホント、劇中のいいタイミングで流れてくるんですよね

 

「ゆめなーらばー どーれーほどー よかったでーしょーうー」


って。


カラオケの練習しなきゃと思って買ってしまいました。ライブ映像を収録したDVDもついてたし。


おじさんは最近の若い子についていけるようにがんばるんだ!

 

 

米津玄師って、歌上手くて、作詞作曲できて、MVの絵なんかも自分で書けて、ダンスもできちゃったりする。


何でもできてすごいけど、風貌はクセが強い!

 

 


米津玄師 MV「Lemon」

 

 

どう見ても引きこもりのお兄ちゃん、って感じにしか見えないんだけど。


DVDでライブ映像見てたら、


社会復帰できてよかったねえ、お母ちゃん泣いちゃうよ


って感じがした(個人的な感想です)

 


どうやら彼はガチで引きこもりがちだったようで、


人と交わるのが得意じゃなかったから、全てを一人で作り上げていたんです。

 

「自分と似たような人間がどこかに必ずいる」

 

そんな思いを胸に作品をつくっていたそうだ。

 


ニコニコ動画というプラットフォームがあり、ボーカロイドというツールがあったから彼は一人でも戦えた。

 

自分にも「Amazon販売」という販売者用のプラットフォームがあり「モノレート」といったツールがあるから、一人でも稼ぐことができる。

 

今はいい時代で、個人でも簡単に戦える時代なんだなと思います。

 

組織の中にいることが苦しければ、一人で戦えばいい。

 

そして、米津玄師という男がただの引きこもりと違ったことは、類まれなるクリエイティブな才能を持ち合わせていたところでしょう。

 


「クリエイティブ」

 

素敵な響きです。

 

僕はデザイナーとかクリエイターといった、世間一般でクリエイティブな仕事をしている人に憧れがあります。


なんだかカッコいいじゃないですか。モテそうだし。

 

引きこもりにしか見えない米津玄師だってモテるでしょうね。音楽ができるから。くそう。

 

そうは言っても、クリエイティブな仕事って、一部の才能のある人のものであり、自分には関係のないことかなって思っちゃうわけですよ。


でも、「クリエイティブ」って自分の頭の中で「点」として散らばっている知識を、一瞬で結び付けて別の形を作り上げる作業だって話を聞いた時、気付きました。


自分の普段やっている「せどりの目利き」も、もしかしてクリエイティブなんじゃない?と思えたわけです。


多くの商品知識を頭に入れ、数多の商品から価格差のあるモノを即座に見つけ出し、世に届ける仕事。

 

充分クリエイティブな作業だということを、自慢してもいいんじゃないか。今はそう思っています。

 


そんなわけで、趣味も仕事も「せどり」な僕は

 

「自分の欲しいモノは誰かの欲しいモノ」

 

そんな思いを胸に、日々、商品探しに出かけているのでした。

 

 


ではでは、今日はこんな感じで

 

また来週!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

応援のクリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ

  

Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)

Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)