Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

制限があるから120%の力が出せる!

スポンサーリンク

f:id:No131warehouse:20180316111828j:plain

 

 

こんにちは!イサイです。

 

自分、どうやら飼い犬よりも序列が下になっているようです。


今朝も足を噛まれました。

 

イタイです。

 

 

 

おかげでしっかりと目を覚ますことができたから、よしとしておきましょう。

 


実は、メルマガを書いていない時期に起きた弊害がありまして、

 

「朝、起きれない問題」が如実にあらわれてきたんです。

 

自分はこれまで、午前中にメルマガを書いて12時に配信するというスタイルで生活をしていました。

 

文章を書き溜めていません。全然。

 

ホントは書き溜められれば、いろいろ余裕が出ていいなあ、なんて考えてもいたのですが、

 

申告がギリギリまでできなかったように、全てのモノゴトがギリギリにならないと手につかない性分の自分には到底無理なハナシ。

 

だから、せっせと毎朝メルマガを書いていたわけです。

 

 

そんな僕が締め切りのない生活をしてしまうと、、、当然ダラけてくるわけで

 

、、、結果、朝が起きれなくなってしまいました。

 

無意識のうちに、徐々に夜型生活にシフトしていってしまったのです。ホント不思議ぃ。

 

そして、朝の二度寝が増える(ちょー気持ちいい)

 


ゆえに生産性はガタ落ち。出品作業もおざなりで売り上げも落ち込むことに。

 


いやはや、自らを律するというのはなんと難しいことか。

 

やはり、ある程度の強制力・制約というのは必要だなと感じたものです。

 

 

こんな自分の生活は、時間に余裕があって贅沢だなぁ、と思ってもらえるかもしれません。

 

実際、思い立った時に仕入れに出かけたり、


思い付きで深夜に300km程移動して、朝から仕入れして回ったりもしました。

 


これを聞いて、「仕入れに行けていいなぁ」って思うような人はせどりに毒されている人なので、お気をつけくださいね。

 

そんな大変なことはしたくないし気の毒だ、、、って思うのが一般の感覚です。

 


自分には一般の感覚というものがないみたいなので、忘れがちなのですが、

 

大概の人は時間や場所の制約の中で、集中して生活しています。

 


出勤する職場がある環境。

 

勤務時間が定まっている環境。

 


ともすれば、それがイヤなんだよ、って思えるような制限も、実は結構大事なモノなのかもしれません。

 

 

「もう少し自由な時間があれば、もっと稼げる」


とか


「職場や自宅の近くに仕入れられる店があればもっと稼げる」


というふうに、自分が稼げないのを環境のせいにするのは、あまりいただけませんね。

 

環境を変えるもよし、その環境の中で工夫するもよし。

 

実際、稼いでいる人って、どんな環境でもしっかり結果を出せるものです。

 

自分に与えられた役割・仕事を100%こなしたうえで、さらに活動できるとすれば、それは自分の力を120%以上出せていると考えてもいいんじゃないでしょうか。

 

制限は自分の行動力を押さえるモノではなく、120%の力を出すために必要なものだと考える。

 

無理矢理な謎理論だけど、要は考え方次第ってことでまとめさせていただきます。

 

 

 


、、、こんなことを言ったからには午後も120%頑張るのかと思いきや、早々に仕事モードはオフにして映画を見に行ってきます。

 

自由っていいですね!それでは!

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

全力のクリック、よろしくお願いします!!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ