Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

ファルファルファルファル

スポンサーリンク

 

lp.mobcast.net


こちらのサイトで、キングダムキャラクター診断ができます。

29の質問に答えることで、自分がキングダムのどのキャラクターに近いのかを診断してくれます。

 

僕もやってみました、、、

 

 

わかる方は題名でお気付きかとおもいますが、、、

 

 


「 騰 」でした!

 

内容を一部紹介すると、、、


【基本性格】
・人の心の中など、目には見えないものが直感でわかる
・自分をわかってくれる人はあまりいないと思う
・良いひらめきを持っているが実行することが苦手
・「不思議な人」と言われることが多い


【長所】
物事のとらえ方が個性的です


【短所】
「何を考えているかわからない人」と思われがち

 


あ、当たってる、、、気がします。

 

ちなみに、昌平君を狙ってもう一度やってみたら昌文君でした。


おしい!惜しいけどずいぶん違う!
(昌平君=イケメン 昌文君=おじいちゃん) 

 


確かに【「不思議な人」と言われることが多い】の部分には納得です。


自分では普通の人間だと思っているのですけどね。


ちょっとセカストに行く回数が多かったり、そこでぬいぐるみを買ってきたりするだけの普通の人ですから。


、、、このままではドツボにはまりそうなので、「見えないものを見通すチカラ」の方を掘り下げてみます。

 

店舗仕入れをしているときなんかに、


「商品が呼んでいる、ココココ」


って言っちゃうので、多分見えないものを見通すチカラはあると思います。


そんなことが言えるのは、怪しいチカラを持っているわけではなく、これまでたくさんの商品を見てきたからなんですけどね。


単純に知識量が多い(はず)。


どうやって知識をつけてきたかというと、自分に興味のあるもの、自分が欲しいと思ったものをたくさん見てきた。


それだけです。

 

「自分の欲しいと思ったモノは、他の誰かも欲しいと思うはず」


この感覚を大事にしていれば、だれでもせどりはできるはずです。

 

ずらっと並んだ商品から、自分の気に入ったものを見つけた時に生まれる感情。


そこにはまず言語化できない感情が生まれ、それの価値を知ろうとします。

 

「これは良いモノだ」っていう感覚・意識は、誰しもが持ち合わせているものだと思います。


ただ、残念なことにこういう感覚に気付かないまませどりを始めて、離れていく人がいる。


それがもったいない。

 

「売れるものが良いもので、売れないものが悪いもの」という見方だけでは長く続けられません。

 

「何故だか知らないけど、これが高く売れるって聞いたから仕入れてます」


そんな感覚のひとが、せどりを長く続けられるとは思えませんので。

 

知らないのはいいんです。そこから知ればいいのだから。

 

・売れるモノを知る→売れる理由を知る

 

その「知る」努力を怠った先にあるのは、


・売れる理由を知らない→売れるモノを探せない


です。

 

分からなくてもいろんなモノを見ておく。


そこから感じた何かを言葉にする。


メンドクサイ作業ですが、そこを楽しめるようになれば、どれだけでも商品を見つけることができます。

 

こんな感じで、見えないものを見通す、自分の力を言語化していきたいと思います。

 

それでは午後も頑張っていきましょ!

 

 

キングダム 26 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 26 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

応援のクリックも、是非ぜひお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ