Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

彼女の笑顔に力をもらって

スポンサーリンク

 

 

よかったよねぇ。高梨沙羅ちゃん。銅メダルおめでとう!

 


”自分がテレビで応援すると勝てない”っていう謎ジンクスを持っているので

中継を見ようか悩んだのですが、結局見ちゃった。ごめんね。


金じゃなくて銅メダルになったのは僕のせいかもね。


もう、僕のせいってことにしておこう。そうしよう。

 

 


あの、2本目のジャンプで着地したときに出たガッツポーズで、


彼女はやれるだけやったんだね、よかったね。って思えた。

 

高梨選手がスキージャンプを始めた頃や中学生くらいの時の映像が何度も流れていましたが、その頃の彼女って、ホント無邪気な笑顔してて、スキージャンプを楽しんでいるのが伝わってきますよね。

 

最初はただただ楽しくて始めた競技なのでしょう。


でも、きっと途中から、周りからの重圧とかなんだとかの、楽しい部分以外のことが多かったに違いない。

 

彼女の感じている重圧は、僕らには計り知れないものですが、とにかく、昨日の笑顔は素敵だった。


これからも競技を「楽しんで」もらいたいですね。

 


同じように扱うのはおこがましいけど、自分の好きなことってやっぱり「せどり」なので、語っちゃいます。

 

自分は「せどり」を楽しいから続けていました。


好きだったから、たいして結果が出ていなくても「趣味」として10年以上続けていたのだと思います。


単純に収入を増やすという楽しさ、

掘り出し物を見つけた時の楽しさ、

自分が狙った通りの値付けで商品が売れた時の楽しさ、、、

 

いろいろ楽しいんですよ。せどりって。



ただし、この「楽しさ」を味わうためには、やっぱり練習期間というか準備期間が必要で、

大量の商品リサーチ、数多の店舗まわり、面倒な検品や出品作業などなど、

かなり地道な努力が必要なんです。


けっして「楽」ではないと思います。

 

「せどり・転売は結果が出るのが早いから楽勝!」って言う人もいますが、稼ぎ続けることは全然楽じゃありませんし、楽しみ続けるのはもっと難しいと思います。

 

そもそも、「楽しい」って気持ちを持って、せどりをしている人がどれくらいいるかもわかりません。

 

それでも、少なくとも僕は、


【せどりは「楽」ではないけど「楽しい」】


そう思ってますけどね。

 

せどりに限らず、ネットビジネス(アフィリエイトとかYouTubeとか)で稼ごうと思ったら、時間との勝負が必要となります。


副業として取り組むならば、いろんな隙間時間を捻出し、少なからず無理をして時間をつくり、結果を出さなくちゃいけない。


結果がついてくるのであれば、多少の無理をしていても頑張れるのですが、思うように結果を出せないまま、自分の取り組みをやめていく人も多いのです。


なんだか残念な話だなと思うわけで。


やればやっただけ得るものがある。やらなかったら何も得られない。


そんな世界だからこそ、楽しいことを始める、楽しむための努力をする必要がある。


世の中に楽な仕事なんてないけど、楽しいから楽だと思っちゃう仕事はあると思うんです。


自分は「せどり」に出会えてよかった。

 

自分に合ったモノ、楽しいと思えるモノが見つかればいいし、運よく見つけることができたら、楽しみ続ける努力をしなきゃいけないな。

 

なぜかそんなことを考えたオリンピックの夜。

 


楽しむために努力を惜しまなかった彼女の笑顔に力をもらって、


今日も頑張っていこうと思います。

 

それでは!

 

 

P.S.

どうでもいいけど、高梨沙羅って検索すると、ベンツ、化粧、年収って出てくるんだよね。どうでもいいね。ほんと。

 

 

東海漬物 きゅうりのキューちゃん100g×10個