Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

計画的に行動できないなら、本能にまかせよう

スポンサーリンク

 

キングダム 30 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 30 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

こんにちは、イサイです。


本能のおもむくままに、せどりをしています。

 

お店に入れば、「商品が呼んでいる」とかほざいたり、


なぜその商品を手に取ったのかと聞かれても

「カッコよかったから」とか言ってみたりします。

 

自分の知識と経験を元に、「なんとなく」で仕入れをしてしまう自分は、

間違いなく「本能型」の人間なのでしょう。

 

頭を使って先のことを考えるのが苦手なので、
先々の計画を立てられなかったりします。


何かあれば「O型で適当なんです」って言えばいいと思っているので。


全国のO型できっちりしている人、ごめんなさい。

 

結局は楽がしたい、というのが本音でしょうか。


たいてい先のことを考えると、苦労が頭に浮かぶじゃないですか。


で、なんだかイヤになる。


そんなことを繰り返すうちに気付いたんです。


「何も考えずに動きだしたほうが、楽なんじゃないか」って。

 

 

 


せどりをしようとすると、必ず最初に言われるのは

「とにかく量をこなすこと」ですよね。

 

店舗では片っ端からリサーチ


ネットも片っ端からリサーチ


効率化なんてのは後から考えて、まずは行動だ!

 

みたいな


そこで、

「いやいや、私は効率的に進めたいので、そんな無駄なことはせずに、ポイントだけを押さえていきたいのです」


なんて言い出されると、


若いうちの苦労は買ってでも!でしょ!

みたいな気持ちになりませんか(若くなくてもね)

 

 


とにかく行動したいなら、計画なんて二の次だ!ってこともあるってことです。


今、この時、動き出そうと考えている熱量を、計画を立てることに使ってしまっては、肝心の行動を起こす時に熱が冷めてしまうかもしれない。


だから本能のおもむくままに!ってのが持論です。


なんてことを考えつつ、いつまでも本能型を言い訳にして、自分の行動中枢を言語化できないのもよくないので、何か手を打つことにします。


・店舗で購入したものの写真・記録を残す。

・こうやって発信する。


仕入れる前に、なぜその商品を見つけたのかを言語化出来なくても、後付けで考えていけばいい。


売れる商品を仕入れできるかどうかは、経験に裏打ちされた「自信」が必要だと思ってます。

 

我が心の師匠、なんでも鑑定団でおなじみの 中島誠之助さんの言葉を借ります。

 

”目を養うには「まず見る。そして知る」という順序が大切です。

良いと言われ続けてきたものは、凝視するべきです。

見た後で疲れを感じるようでなければ、勉強にはなりません。”

 

 

まずは対象物を「見て」感じる。感動する。

その後で話を聞き、調べて知識を吸収する。


感動を土台として、その上に知識を重ね置いていくんですね。

 

僕たちは毎日何かに心を動かされている。


そして心の動きを体の動きに変え、「行動」に出る。


行動したいのに、できないと嘆くのであれば、


心の動きに素直に従うのが必要だと思います。


計画は行動しながら立てていくのでも大丈夫です。

 


今日は抽象的な話になってしまいましたが、


とりあえずこの記事を見て、セカストに行ってみてください。

 

www.sedorhythm.com

 

 

www.sedorhythm.com

 

 あとは本能で欲しい!と思ったモノを買うだけです。

 

 

 

応援のクリックも、是非ぜひお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ