Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

庭園を愛でる心の余裕を持ちたい

スポンサーリンク

f:id:No131warehouse:20180111120848j:plain

 


金沢の観光地代表と言えば、「兼六園」


日本三名園の一つとして加賀百万石の文化を反映したその美しい大名庭園は

多くの観光客に親しまれています。

 

近くに住んでいながら、訪れたことのなかった兼六園に、先日初めて行ってきました。


今まで足を踏みいれなかった理由として


「ただの庭でしょ」


そんな思いを持っていたのは事実です。

 

で、いざ行ってみると

 

イイんですよ、庭が。


自分はわびさびを感じられるほど成熟した人間ではないと思っていましたが、


「美しい」


そんな気持ちが勝手にあふれてきます。


庭を見て何かを感じられるようになったのは、年を重ねたからでしょうか。

 

園内を歩いていて気が付いたのは、


この寒空の下

川の中に入り川底を掃除している方々や

広い庭園の落ち葉拾い・手入れされている方々がたくさんいること。

 

美しい姿を保つのは容易なことではなく、手間暇がかかっているんだなと感じました。

 

結果を出すためにはそれまでの準備・積み重ねが必要です。


自分が努力すること、切磋琢磨することが成長につながることであって、


結果が出せないからといって、ライバルの飲みものに禁止薬物を混ぜても意味はないですよね。

 

正月明けに買い集めた商品を、いざ出品しようと思ったら


大量に在庫を持ってるライバル店が出てきたってときでも


「くそう、悔しい」


と思わずに


「たくさん集めたなぁ、やるなあ」


と心の余裕を持つようにしましょう。
(くそう、悔しい)


競争になりそうな商品を仕入れるときには、
慌てて売らない、という選択が取れる商品を選ぶ必要があります。

 

、、、仕入れたモノは半年ほど寝かせておくか、、、

 

 

年末に商品がたくさん売れたことで、返品になって帰ってきた商品も多くなりました。


「返金処理開始のお知らせ」というタイトルのメールが届いたときは悲しいけど、


受け取った商品を返品しなくてはならなくなったお客さんの方が悲しいはず。


返品された商品のなかに


「クリスマスプレゼントとして用意したのに、開けたら部品が足りなかった」


というものがあったんです。


部品が足りなかったのはメーカーの責任であり、自分ではどうしようもないのですが


「満足してもらえる商品を届けることができなかった」という結果は受け止めなくちゃいけない。

 

成人式の着付けを放棄し夜逃げをした「はれのひ」の話題は、ニュースを見るたびにやるせない気持ちになるけど、


自分も責任のあるビジネスが出来ているのかと、襟を正さなければいけないなと思う次第で。

 


庭園を愛でる心の余裕を持ちたいですね。

 

デスク脇に、観葉植物でもいかがですか。