Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

ワタシ、負けないので!

スポンサーリンク

負けられない戦いがありました。

 

忘年会シーズン真っ盛りな今日この頃。


昨日はせどり仲間と同窓会的な忘年会に参加して

温泉旅館でさんざん飲んできました。


遠方から人が集まると皆が旅費をせどりで回収しようとするのが

せどりあるあるでしょうか。

 


夕食後に旅館の部屋で行われたのは


おじさんたちのじゃんけん大会。

 

負けた人は寒空の下へ買い出しです。


度重なるアイコの連続にヒートアップする中、


寒い思いはしたくない!

と、否応なく盛り上がる緊張!

 

なんだか熱くなっている自分が可笑しいなって思ってしまった。

 


もちろん僕は勝ちましたけどね。

 

追加燃料が投下された部屋で繰り広げられるのは、熱い語り合い。

「目標として背伸びした発信をするのはいいが
盛ってるだけの発信はイタイ」

「自分を信じて飛び込んでくれた人の
人生を変えてあげたい!」


おじさんたちの熱い話は深夜まで続きます。

 

副業でせどりに取り組んでいる人も、せどりを専業としているも、

どっちの立場でも思うことの先にあるのは


「キャッシュポイントを複数持ちたい」


という気持ちかもしれない。


・amazon販売だけじゃなくヤフーショッピングにも取り組む。

・せどりだけでなく、別業種の店舗経営を

・店舗仕入れだけでなく、卸仕入れも

・サラリーマンとせどりの「複業」を確立


自分も中古品せどりという得意で特異な柱があるけど

それだけに頼っていては危険だという思いがあったから、去年コンサルを受け、

そのおかげで新しいつながりができました。

 

危機感や焦燥感からくる行動は、逃げの姿勢かもしれないけど

新しい行動へのチャレンジと捉えれば、攻めの姿勢になります。

 

先日の仕入れ同行のときにも思いましたが、

定期的に自分を見直す時間をつくるためにも

対面で人と会うことが必要だと感じています。

 

人に頑張れっていうのは簡単。


でも、本当に心動かされるのは

頑張っている背中を見たときだと思うから

自分の周りにもそんな影響を与えられる存在になりたいですね。

 


次に会うときには大きくなったお腹じゃなくて

自信で大きくなった背中を見せたい。

 

そんな思いをそれぞれの胸にかかえて、

解散するおじさんたちなのでした。

 


おしまい。

 

 

---------------------------------------------

応援のクリック、お願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ