Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

まだ履いてませんでした。

スポンサーリンク


f:id:No131warehouse:20171207115724j:image
 

 

眠いっす、、、


寝てないアピールがうざいのは承知の上ですが


「眠い」と口に出していないと寝てしまいそうなので、許してください。


大阪からの帰り道は、自分の行きたいお店に寄り道しながらだったのですが

深夜営業のお店があるって、危険ですね。


タイムアップになるのが遅い 笑


結局朝の4時まで仕入れしてました。


急に訪れた寒波の影響で、北陸道は

敦賀~武生の区間が雪のためチェーン規制。


今日タイヤ交換を予定していた僕の車は、まだノーマルタイヤでしたので、高速から降ろされました。


敦賀インターで降ろされてしまったときに訴えたかった。


「明日スタッドレスタイヤに替えるつもりだったんです!

ちゃんと新しいタイヤも買いましたし、交換の予約もしています!」

 

、、、無駄なあがき、負け犬の遠吠えですね。


そんなことを言ったところで

「今」 履いていなければ意味がありませんから。

 

わかっていても、その瞬間は反発に近い後悔の念を抱く。


「勉強したの?」

「今やろうと思ってたけど、言われたらやる気なくした!」

みたいに、後悔の気持ちを自覚しながら、反発してしまう。


こういうのは感情の無駄遣いだと思っています。

 

あなたにも、今年まだやり残したことの一つや二つはあるのではないでしょうか。

「やろうと思ってました。」

「やる予定でした。」


そんなことを言っている間に、今年ももう終わりがすぐそこに・・・

 


・・・ああ。自分で言っておいて、耳が痛い、、、

 

頑張らなくちゃ!

 

で、タイヤ交換の予約時間まで時間があって、気を抜くと寝てしまいそうなので、カフェに来たのですが


隣のテーブルで○ムウェイの話をしてるお二人がうるさくて

イイ感じで目が覚めてきました。

 


「商品のストーリーを伝えることでファンになる」

「自分が試して、いいと思ったものじゃないと勧められない」

「まわりのスゴイ人を呼んで、自分の権威性を高める」


ほうほう、ビジネスに役立ちそうなことをお話している、、、

 

自分の仕入れの視点を伝えるにあたり必要なことの一つが

商品の魅力(惹きつけられた理由)を言語化する作業かなと感じています。

 

「こんな商品があるんだ!」っていう気付きを得ることが、

自分の仕入れの幅を広げているなと思うから。

 

商品に感動する気持ちってのが、ヒントになるかなって考えてます。

 

そのうち○ムウェイの商品に感動しちゃってるかも。


いや、無い無い。