Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

僕は、ミナミへ車を走らせた

スポンサーリンク

f:id:No131warehouse:20170924100626j:plain

 

こんにちは!イサイです。


昨日の深夜に高速に乗り、大阪に向かっています。


でもまだ福井です。途中で寝ました。


、、、いつ着くかな 汗

 

今日は自分の企画
「I-B-A 2nd」のメンバーに会いに行く!

ってのが目的なわけですが、

 

個人事業主になって、大きく変わったのは

「好きなときに好きな場所に行ける」

ことかもしれない。


仕事なのか旅行なのかよくわからないテンションで

思い立った時に家を飛び出せる。


そして、閑散とした午前中のサービスエリアのフードコートで

メルマガを書くことができる。


何かこう、「自由だー!!」って感じです。

 

高速を走っているとき、

ちょうど一年前にも大阪を目指して、
同じように車を走らせていたのを思い出しました。


あの時は企画の参加者として
グループコンサルに参加しに行ったんだった。


コンサルを受ける側だった僕が、

一年後、自分で企画を提供する側になっている、、、


なんだか、感慨深いものがあります。


これが、成長したと言えるのかはわかりませんが、

BEC3.5期に参加したことで

・自分の活動をブログ・メルマガで発信できるようになった
・自分の企画を始めることができた

ひとりじゃできなかったことが、始められた。

これは事実です。


自分のことを情報発信者と呼ぶのは、まだおこがましいですが、

発信者となれたキッカケは

1年前のせどり企画での懇親会の席で

講師の一人として参加されていた井上直哉さんに


「イサイさんのブログ、いいっすねー!」って言ってもらえたのが


はじまりだったのかもしれない。


褒められるのは嬉しいじゃないですか。

 

ネットビジネス、というかせどりを始めたときは

周りに理解されることはありませんでした。


時間があればリサイクルショップに行って、

ガラクタのようなものを買ってくる。


家族にも呆れられ、興味を持って話を聞いてくれる友人もいなかった。

ひとりで取り組んでいたころって、寂しかったんですね。

たいして稼いでいないこともあって、褒められることなんてなかったですから。

 

今は、掘り出し物を見つけると、

「スゴイね!」って言ってもらえる環境がある。


こうやって、ブログ・メルマガを読んでくれているあなたがいる。


マジで幸せでしょ。これ。

 

何かを始めるには

始められる環境に飛び込むのが

やはり確実だと思います。

 

飛び込む勇気があれば、何でもできる!

飛び込んだら、あとは行動するだけ!

 

提供する側ってプレッシャーが半端ないねってことを実感しつつ

自分のできること、しっかり続けていきたいと思います。


それでは!

 

 

----------------------------------------------

応援のクリック、是非ぜひお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ