Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

仕入れ同行、行ってきました!

スポンサーリンク

「悪くないな、、、」


久しぶりに床でもソファでもなく、ベッドで寝たら、不調だった体調がよくなった気がします。

やっぱり、睡眠って大事ですね。

 

昨日は千葉で自分の企画「IBA 2nd」のメンバーと仕入れ同行をしてきました。

今回同行させていただいたNさんは、すでにせどりの経験のある方なので、集合と同時にお店へGo!


幸先よく家電量販店とディスカウントショップでカート山盛りにできたので、今日のノルマはこなせたなと一安心。


ドンキでカート山盛りは自分のスタイルじゃないって言っていた気持ちは、どこかに行ってしまったようです。


調子が出てきたところで、さらに弾みをつけようと、今日の本命リサイクルショップへ向かいます。

「ここで、バンバン商品を見つけていいところを見てもらいたい!」

そんな気持ちで臨んだわけですが、割と気持ちは空回り。


それでも、自分のリサイクルショップでの仕入れへの愛を、少しでもお伝え出来たかと思います。


昨日、言われて印象的だったのが
「イサイさんって、キレイなせどりをするんですね」という言葉


どうやら、以前に中古を扱う人と回ったときやイメージが

「ジャンクでもなんでもとにかく仕入れて、汚れや破損のことは気にせず商品化してしまう」

という感じで、イケイケドンドンな感じのものだったそうです。


これはきっと、自分が目指すべきところの、スマートなせどりができているんだと、解釈させてもらいましょう。

自分が意識しているのは、

届けた相手が、商品を手に取ったときに、どう思うか。


これをイメージして仕入れをしています。

相手といってもどんな方が商品を購入するかはわかりません。

だからこそいろんな人を想像しないといけないし、いろんな人の中の一番は「自分だったらどう思うか」だったりします。


自分のものさしだけでは測れない基準もある。

「こんなの誰が買うんだろう」と思いながら仕入れたものだって確かにある。

でも、そこで終わらせることなく、いろんなものさしを想像することを続けていけば、仕入れの幅は広がると思います。

 

今回、店舗を(かなりストイックに)回った結果、車いっぱいの商品を持ち帰っていただくことができました↓

 

f:id:No131warehouse:20171125091738j:plain

(後部座席にもあるよ!)


リサイクルショップの成績は2勝3敗となってしまいましたが、家電量販で全勝したから、よい一日になりましたね。


Nさんには、最近付いてしまっていた

「すでに店舗は枯れてしまったんじゃないか」

「せどりは飽和してしまったんじゃないか」

そんなイメージを払拭してもらえたと思います。

 

店舗仕入れは、タイミングが命!の面はあると思います。

やっぱり、悪いタイミングが重なれば、思ったように仕入れられないことはある。

そして、それが続いてくると、自然と店舗へ運ぶ足が重くなり、店に行くのが億劫になる。


読者の方でも、最近店舗に行ってないな、って思われたら、お伝えしたい。

「今、チャンスですよ」 と

 

さあ、今日はBEC3.5期勉強会

張り切って参りましょうかね。


それでは!