Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

好きを仕事にすると嫌いになる、、、のか?

スポンサーリンク

f:id:No131warehouse:20170828114849j:plain

 


僕は「せどり」を生業としております。

 

「せどり」はAmazonやヤフオクといった
インターネット上で商品を販売をするので、
「インターネットビジネス」という類に分類されてます。

でも、店舗に仕入れに行く時間が多いので、
あまり「インターネットビジネスをやってるぞ」
っていう実感はないんですけどね。


これが、ネット仕入れがメインの方だと、

「パソコンひとつで稼いでるぜ!」
的な感情もあるのでしょうが、

僕は相変わらず店舗仕入れが好きなので、
ネット仕入れの比率は少なめです。


好きなんですよね。店舗仕入れが。


勤め人時代は思っていました。

「好きなせどりだけで稼いでいけたら、人生楽しいだろーなー」なんてね


そんな気持ちを抑え込むために出てくる言葉は決まっています。

「今、好きなことでも、それをビジネスにすると嫌いになる!」


、、、うーん。


それって、好きなことで稼げないか、
間違った稼ぎ方をしたときだと、今になれば思います。


会社を去った時に、
「さあ、もうせどりで生きてくしかないよ、ワクワク」
って心の声を漏らしてしまうほど
せどりが好きだったわけですが

それは、僕がすでにせどりでの稼ぎ方を知っていたからだと思います。


ただ、まわりを見ていると、
そんなに「好き」って気持ちをもって
ネットビジネスを始めた人ばかりではないんですね。


でも、稼げることを実感したとき、
人はそのビジネスを好きになるもんです。


文書を書くのが得意ではなかったけど、稼げること体感して好きになったライター

ファッションに興味はなかったけど、稼ぎを実感して好きになったBUYMAのバイヤー


人ってゲンキンなものです。


せどり好きな僕の唯一の経験から言わせてもらえば、
稼げるビジネスを体感することが、好きを仕事にする近道だと思います。


多くの人は今現在、何かしら仕事をして稼いでいるでしょう。
その稼いでいる仕事を好きになる、という選択肢が一番合理的なはずです。


全てを捨て、新しいことを始め、
それでお金を稼げるようになるのは、
簡単ではないから。


何て言っても

仕事の量が、、、
人間関係が、、、
自分に向いていない、、、

なんだかんだネガティブな要素に目が向いて、新しいことを始めたくなる。


じゃあ、何かしらの「本当に好きな趣味」を持っていたとして、
それをビジネスとするのはどうだろう。

きっと、土台となる生活を支えるお金が
賄えない状態では軌道に乗る前に
「趣味」が嫌いになるでしょう。

「趣味」として楽しんでいたものを、「ビジネス」に昇華できる稼ぎ方を見つけているなら話は別ですが、そんな人は少ないんじゃないでしょうか。


だから僕は、
稼ぎを実感できるネットビジネスを副業として取り組み、
それを「趣味」と呼べる状態に持っていく、
というのをおススメしたいです。


他に使う時間を削ってでも取り組みたいものって「趣味」ですよね。


僕はせどり、とりわけリサイクルショップせどりを趣味と呼んでいます。

でもすべての要素が好きなわけではなく、

「仕入れ」「出品」「梱包・発送」と分ければ、
圧倒的に仕入れが好きで「出品」はそれほど、、、ってなっちゃいますね。

そんな人、結構多いんじゃないかなと思ってます。

でも、好きな仕入れがあるから「せどり」全部が趣味って言える。


いろんなジャンルを試してみて、
どこか一つの作業に「好き」を
見つけることができれば、
それを「好きな仕事」にできるんじゃないかなって思います。


インターネットビジネスで稼げるジャンルってのは、
自分の実践している「せどり」以外にもいくつか知っています。

それらに共通しているのは、決して一発逆転的なものではなく、
地道な努力の上で成り立っている「ビジネス」だということ。


好きなインターネットビジネスを見つけるお手伝いになりそうな情報を
今後もお届けししていきますね。

それでは!

 

【ブログでは書ききれないインターネットビジネス情報は、メルマガで!]

セドリズム-「せどり」を楽しむメルマガ(無料メールマガジン)

登録で「家具せどり入門」レポートプレゼント  

 

 

応援のクリックも、是非ぜひお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ