Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

夜空ノムコウ的な、、、

スポンサーリンク

f:id:No131warehouse:20170930115201j:plain

 

9月30日、土曜日、快晴。
 
 
清々しい青空の下、公園の駐車場でこの原稿を書いてます。
 
BEC3.5期に参加して3カ月。
 
スタートしたころ描いてた未来に、僕は立っているのかなぁ
 
 
 
7月はとにかく稼ぎにこだわりました。
 
自力で10年積み上げてきた中古せどりの経験と、
1年前から教わり・集めてきた新品家電やヘルビ(ドラッグストアカテゴリ)ノウハウを総動員し、
 

「自分一人で稼げる限界」
を目指して追い込んだ結果、過去最高月収という結果を出すことができました。
 


8月からはブログの更新を毎日にしました。

 

1年以上前から始めていたブログでしたが、月に数回しか更新していなかった時期も、、、


このあたりで、「効率的な時間の使い方」を意識するようになり、一日の時間の使い方が確立できました。

 
そして9月はメルマガの配信開始。
 
いや、始めるだけならサルでもできるっしょ

みたいなことを言われたら身も蓋もないけど、一歩を踏み出すには相当のエネルギーが必要でしたね。
 
 
エネルギー?違うか、覚悟ですね。
 
 
正直こたえました、、、責任感というか、プレッシャーというか、自分の想いを伝えたいという気持ちと、内面をさらけ出したくない気持ちとのせめぎあい。
 
 
昨日、日帰りでの買い付けを終えて東京から帰ってきた弟子にも言われましたが、
なぜそこまでして情報発信をするのか?ってことを考えてみました。
 
 
自分の成長のため、って言えば聞こえは良いのでしょうか。
 
 
発信をしていると、自分の限界が見えてきます。

 
自分の言葉の「量」の限界
自分を深掘りをする「深さ」の限界
これは今の自分には言えないことだなっていう「意識」の限界
 
 
こういうことを言いたいのに、言葉がでてこないよ~とか
 
まだ、こんな偉そうなことを言える自分じゃないな~、とか。
 
 
多分、そういう限界って、漫然と過ごしていたら自分で超えようなんて考えなかったと思います。
 
 
人目に触れる発信をすること。
 
 
それこそが限界を超える作業なんだと思います。
 
 
僕はこれまであまり自分の気持ちを外に出さずに生きてきました。
 
スカした感じ、というか、必死に頑張ってる姿を人に見せたくないというか。
 
 
小学生の時のマラソン大会の写真を見たら、カメラの前だけ澄ました顔で走ってたり。
 
すんげえきつかっただろうにね(当時おデブちゃんでしたし)
 
 
泥臭い姿は人に見せたくない、ってプライドの高さは昔かららしいです。
 
 
せどりについて発信するときに、やりたくなかったのが、
 
「せどりで稼ぐのよゆーっしょ!」みたいなスカしたスタンス。
 
せどりで稼ぐって、もっと地道な努力とか必要なもんだろ!
 
って息巻いてたはずなのに、気付けば自分もスマシガオになってたりします。
 
 
つまらない常識など つぶせると思ってた
 
夜空ノムコウ的なスマシガオに。
 
 
、、、
 
 
それで、今日でメルマガを配信して1ヶ月なのですが、
1ヶ月続いた!スゲー!ってことは全然なく、まだ一ヶ月しか経ってないのか、という心境です。
 
 

さあ、今年も残り3カ月。
 
やること・課題はてんこ盛り。
 
走り切ったむこうに待っている明日を目指して頑張ります!

   

[全てが思うほどうまくいかないメルマガ配信中!]

セドリズム-「せどり」を楽しむメルマガ(無料メールマガジン)

  

応援のクリックも、是非ぜひお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ