Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

30kgのお米を送るには[ヤマト・佐川・ゆうパック比較]

スポンサーリンク

f:id:No131warehouse:20170928112820j:plain

 

今日は「ヤマト便、やっぱり高くなったなー」って話です。


商品発送のためにヤマト運輸の営業所に毎日のように行くのですが、今の時期はお米を発送する人の姿が目立ちます。

おじいちゃん、おばあちゃんって感じの年配の方が多いのですが、基本30kgの米袋を持ってこられます。
うーん、パワフル!


そこで耳にするのが、「送料そんな高かったっけ!?」って言葉


30kgのお米一袋を送るとなると、
25kg以上なので、宅急便ではなく、
ヤマト便での発送となります。
(宅急便で送れるのは25kgまで)


ヤマト便は2017年6月19日にサービス内容と料金が変更されてます。


重量の低いランクほど値上がり幅が大きかったので、30kgのお米なんかはモロに値上げの影響を受けたのですね。


お米ってことで、米どころ新潟からの30kg区分の料金を比較すると

 

新潟→東京23区  改定前1,620円 → 2,311円 (143%up)

新潟→大阪市   改定前1,728円 → 2,411円 (140%up)

 

感覚的には、大きな値上げですよね。

 

最近ヤマト便が使えない大きな荷物を送るのにお世話になってる、佐川急便だとどうなるのか聞いてみました。
(佐川急便も2017年11月21日に料金改定があります)

 

飛脚宅配便(160サイズ30kg、持込割引なしの場合)

新潟→東京 1,836円(改定後1,880円)
新潟→大阪 1,944円(改定後1,990円)


お米は30kg用の箱に入っていれば、実際は30kg以上でも160サイズの扱いになるということです。


それでは、ゆうパックだとどうなんでしょう

日本郵便ゆうパック(120サイズ、持込割引なしの場合)
新潟→東京 1,400円
新潟→大阪 1,500円

 

おお、安い。

ゆうパックは重さではなく大きさで区分されるので、梱包サイズで値段が変わります。
取扱可能なのが30kgまでなので、重量には注意が必要です。

 

ただし、ゆうパックも2018 年 3 月 1 日 に運賃が見直しされます。
各サイズだと110~230円の値上げになるのに加えて、
「重量ゆうパック」の新設により
25kg 超 30 kg以下の荷物には基本運賃+500 円かかることになります。
これは米を送る人には痛い値上げですね。


ということで、自分的には米を送るなら、今年はゆうパック、来年は佐川だなって感じなのですが、宅配業界はしばらく激動の時期にあるようなので、常に最新情報を確認していかないといけないですね。


米、コメって話してたらお腹すいたので、お昼にしようかな。

 

白米食べて、今日も頑張っていきましょう!

 

 

 

[メールマガジン、毎日12時 お昼時に配信中!]

セドリズム-「せどり」を楽しむメルマガ(無料メールマガジン)

  

応援のクリックも、是非ぜひお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ