Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

全員、絶対に目標達成しましょう!

スポンサーリンク

f:id:No131warehouse:20170831110509j:plain

言い訳はしません!そう決めたから。

 

今日で8月も終わり。やり残したことは、、、ある! 

 

BEC3.5期に参加して2か月経ち、期間は残り4か月。

 この2カ月で

・物販の月商、月収2.5倍

・毎日ブログを書く=継続する力の醸成

大きな結果を出せました。出せたと思っていました。

 

でも、なりたい自分になる、という目標に向けて、まだやれてないことが沢山あります。

一日一日の中で、もっとやれたことがあったはず。

なぜできなかったのか。

やらなかったのか。

  

昨日はメンバーの一言で現実にぐっと引き戻されました。

 

まだ何も変わってないね。2カ月も学んでて、そんなんで恥ずかしくないの?(すっごい意訳)

 

恥ずかしい。悔しい。自分のことしか考えていなかった自分に嫌気がさしました。

そしてありがとう。大事なことを忘れていました。まだやらなくちゃ。

 

自分が間違ってたら道を正してくれるのは、同じ目標を目指す仲間だから。

どうでもいい人には何も言わないよ。きっと。どうでもいいもん。

 

全員、絶対に目標達成しましょう!

 

気付きをくれる仲間・ライバルがいる。

そしてそんな環境を作り上げるリーダーがいる。この環境をただただ自慢したいです。

周りを動かす熱量は、自分が動く熱量より多く必要です。

いったいこんな熱量がどこから生まれてくるのでしょう。 

 

僕はこの環境に飛び込まなかったらどうなっていたのだろうか。

きっと2か月前と同じ自分だったでしょう。変わる理由がないから。

そして、飛び込んだからわかります。ここには変わらない理由がない。稼げない理由がないと。

 

もし、自分の置かれている環境が、面白くないなと感じているなら、どちらかの行動をとったほうがいいと思います。

「自分を変える」か

「環境を変える」の。

 

思えば、勤め人だったころの自分はどうだったかな。

周りを見渡してみると、同じような仕事をしているのに、皆楽しそうに仕事をしているように見えた。苦しんでいる自分がいるのにと思っていた。

変わらなければいけないのは自分だとわかっていたけど、当時それが出来なかった自分は環境を「替える」ことに頼りました。 

自分一人が変わるなら簡単、といってもそれすらできないときもある。そんな時に周りを巻き込むほどの熱量なんて生まれません。それって自分が不幸です。

 

自分を変えるときには、自分の好きなものに頼るか、自分を好きになるかしかありません。自己暗示でもなんでもいい。好き好き好きって3回口に出したら好きになりますよ。

 

僕は自分が好きです。ずっとそう言い聞かせてきたから。

何でも寝たら忘れることとか、滑舌が悪いこととか、毛深いこととかも。

自分のことが好きだから、好きなことを本気で取り組むことにしました。

「せどり」の楽しさを伝えるなら、自分が誰よりも「せどり」を楽しまなくちゃいけない。

いや、自分が誰よりも楽しんでいるからそれが周りに伝わるんだ。

 

そんな思いで「せどり」を楽しむマインドを僕は発信しています。

いつか、誰かに届くと信じて。

 

 

、、、こんな台詞、自分が好きじゃなきゃ言えないね、って思ったらクリックお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ