Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

パソコンの買取価格は、、、/せどりはスカウト!

スポンサーリンク

f:id:No131warehouse:20170807103754j:plain

 

昨日は弟子のパソコンを買い取ってもらおうと、某ハードオフ&オフハウスに行ってきました。

(弟子といっても有料のコンサル生ではありません。金銭の発生しない師弟関係です)

 

自分で売ればいいじゃないかと言われそうですが、データの消去は面倒だ、リカバリの仕方がわからない、発送方法がわからない等々、面倒なことを言い出したので、「YOU、ハードオフに売っちゃいなよ」という軽いノリで持っていきました。

 

個人的な感覚ですが、「買うならセカスト、売るならオフハウス(ハードオフ)」だと思ってます。

 

パソコンはVISTA時代のノートのVAIOです。僕がお店で売りに出すとしたら、5,000~8,000円と値付けし、買取価格は1/10~1/3と想定して、3000で売れたらいいなーって感じでした。

 

そして出てきた査定結果は

 

 

500円、、、

 

想定の最低ラインです。

 どうしようかって言うので、「メルカリで5,000円で出したら秒で売れるよ」って教えたら、「そうする!」だって。

 


同じものを売るにしても、自分がかける手間によって、自分に入ってくる金額が大きく違います。

 

あなたは、家に不用品があったらどうしますか?

 

捨てる?あげる?


人にあげるというのは、相手に迷惑な場合もあるので気を付けてくださいね。

ぼくは、「MOTTAINAI」の精神で「市場に出す」というのがいいと思います。

 

その不用品はあなたにとっては不用品ですが、それを必要とする人って絶対いますからね。

 

一番簡単なのはリサイクルショップに持ち込むことです。

 

次にメルカリやヤフオクで販売することでしょうか。

 

家族みんなでフリーマーケットに出店!ってのもオススメです。

 僕は個人でフリーマーケットに何度か出店したことがあります。

ネットフリマ市場が拡大した今は、リアルフリマの方が手間がかかりますが、例えば夏休みに家族で参加して、子供に「モノを売る」という体験をさせることは、稼ぐこと以上にすごく良い経験になりますよ。

 

ちょっと話がそれましたが、不用品の販売先については、他にもamazonのマーケットプレイスでの販売やeBayなんかで世界を相手にするってものもあります。

 

利用者の規模が大きい方が、それを必要とするひとに渡せる確率が高くなりますから。

 

でも、市場の大きさに比例し、出品にかかる労力も大きくなります。

その労力をかけた分だけ見返りも大きくなります。

 

誰かが不用品を(楽に)処分するためにリサイクルショップに持ち込んだものを、さらに大きな市場に送りこみ、買い手を探す。

せどりは、原石を探すスカウト業ですね。

そういえば「せどり」は英語で「bookscout(ブックスカウト)」というらしいです。

(broker:ブローカーという訳は僕の思うせどりとは違うかな)

  

必要としているひとに必要とされているモノを届ける仕事。そう言いかえると、なかなか高尚なお仕事な感じがしませんか?ダメ?

 

P.S.

昨日行った金沢のオフハウスで買い忘れたものがありました。これ、ヤフオクに出せばいい感じなので、お近くのかた探してみてください。

 

MTG(エムティージー) Style Hello Kitty (スタイル ハローキティ) E1017BS-P ピンク

MTG(エムティージー) Style Hello Kitty (スタイル ハローキティ) E1017BS-P ピンク

 

 

本日もありがとうございました(´▽`*)

 

もっとせどりの楽しさを伝えて行きたいので、応援のクリック、よろしくお願いいたします

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ