Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

金沢21世紀美術館

スポンサーリンク

今日は金沢仕入れに行くことにしたので、メルカリの記事はまた明日にします。書いている途中なのですが、なかなか出来上がらないことも含めて、夏休みの自由研究のようになっています。

 

 

仕入れの前に自己研鑽のため、金沢21世紀美術館に行ってきます。


f:id:No131warehouse:20160826080024j:image

ここには素敵な家具もたくさん置いてあるんです。

 

ホール的なところにアントチェアが100脚ほど並んでいるのですが、仕事柄、つい金額が気になってしまいます。

 

 

アントチェア (アリンコチェア)  (ホワイト)

アントチェア (アリンコチェア)  (ホワイト)

 

 1脚7万円ほどの椅子が100脚、、、700万すか。すげー。

 

ほかにもスワンチェアとかがあったと思います。

 

素材やデザイン・造りの良質なものは普遍的な価値を持っていると思います。

 

言い換えれば価値のあるものには、その価値の根拠があるとも。

 

せどりをするときも、そういう視点で周りを見渡すことが大事だと僕は思っています。

そう考えると、せどりというものが、簡単で楽しいものになるんです。

 

、、、ちょっと無理がありましたかね。

 

本日もありがとうございました(^_^ゞ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村