Sedorhythm -セドリズム- 僕がせどりを好きな訳

リサイクルショップを愛するイサイが、せどりを「楽しむ」マインドを書き綴っていきます!

大きな荷物を送るのが「ヤマト便」一強じゃなくなった件

 表題の件ですが、「僕の中で」ってことです。あしからず。

 

f:id:No131warehouse:20170820113841j:plain

 

160サイズを超える荷物や複数口の荷物(主にFBA納品)時には、僕は迷わずヤマト便を利用していました。営業所が近いこともありますが、正直、他のサービスを検討するまでもないくらいに大型or複数口荷物においては圧倒的にコスパの高い配送サービスでした。

そんな愛用のヤマト便 ですが、平成27年6月19日よりサービスの内容に変更がありました。

ヤマト便のサービス内容変更および運賃改定について | ヤマト運輸

料金が値上げになったことも大きいですが、自分にとっては

「荷物一個の上限が3辺合計200cm、重量30kg」と規定されたことの方が影響ありましたね。

これまでってサイズの上限が「ひとりで持てるもの」っていう至極ざっくりした基準だったんですよ。この基準もどうなのかと思いますが、新しい規定が宅急便が160サイズまででヤマト便が200サイズまでって、ほとんど変わらないじゃん、、、もうちょっと大きいものも取り扱ってもらえないものかと思いましたよ。

そして先日、ついに恐れていたことが、、、

ヤフオクで落札された椅子を梱包していたところ、サイズが微妙に200を超えてしまったんです。

まずいなぁ、と思いつつ、もしかしたら大目に見てくれるかも?という淡い期待もあり、ヤマト営業所へ持ち込んでみました。

はい、断られました

「200サイズ以上は取り扱えません」ですって(当然ですね)

これは弱ったなと、どうしたらいいかと聞いてみたら

「家財宅急便に申し込んでいただくか、佐川さんか西濃さんで、、、」という、とっても親切な対応。

家財宅急便は時間も料金もかかるし、佐川も西濃も営業所遠いんだよなぁと思い悩むところに、発送の催促が追い打ちをかけてきます。

 

慌てて大型サイズの宅配について調べてみました。

佐川急便:飛脚ラージサイズ宅配便

佐川急便は160サイズを超える荷物については「飛脚ラージサイズ宅配便」として扱われるそうです。

3辺計260cm・50kgまでの荷物が対象で、さらに細長い形の長尺物だと三辺計600cmまで取り扱ってくれるということで、便利そうですね。

西濃運輸:カンガルー特急便

 130サイズ以上の荷物(130以下はカンガルーミニ便になる)でも運んでもらえますが配送契約がなければ見積もりが必要なため、今回は利用しませんでした。

かなり大型の品物でも比較的安価に配送が可能らしいので、今後検討します。

 

 ということで、今回は飛脚ラージサイズ宅配便を利用し、無事に発送することができました。ちゃんちゃん♪

 

当たり前だと思っていたものって、失ってからその大切さに気づきますよね。

鼻が詰まったりすると 解るんだ 今まで呼吸をしていた事

supernova / BUMP OF CHICKEN 

 

  先般の「はこBOON」の休止の時もそうですが、便利で安価なサービスって誰かの犠牲の上に成り立っているから、いつまでも続けられないんだろうなって感じました。

 

配送業者の疲弊がニュースなどで話題になっているわけですが、配送なくしてネット通販も今の自分のせどり活動も成り立たないわけで、業界の健全化ってやつを望むわけです。

といっても僕ができることは何もないので、せめて何でも無料でと考えるのではなく、「相応のサービスには相応の対価を」の気持ちは持つ、ぐらいのことはしたいと思います。

  

本日もありがとうございました(´▽`*)

 

応援のクリック、よろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ

 

 

 

「せどり」を「好き」に

f:id:No131warehouse:20170819091553j:plain

昨日「好き」を「仕事」にって記事を書いたら評判が良かったのでブログを書く元気が出ました。ということで今日も続きを書いていきたいと思います。

 

「好き」シリーズ3部作の最後は

「せどり」を「好き」に、でいきます!

 

自分にとってせどりは仕事であり好きなことです。

楽しそうに仕事してる人って、ステキじゃないですか。

そういうものに、わたしはなりたい。

 

僕はリサイクルショップが好きなんですよ。

1店舗で1時間以上ウロウロできます。

何でこんなに好きなんだろうってことを考えてみました。

 

子どものころに綺麗な石を探して拾い集めてた感覚に似てるのかな(今もたまに拾ってるけど)って思います。

普通に生活してたら出会うはずのないようなモノとの出会いを楽しんでいるのです。

 

そんなリサイクルショップでの仕入を楽しむコツを紹介します。

 

リサイクルショップは、自分と値付けした人との勝負を楽しむ場所です。

もちろんすべてのお店で値付けされた商品が並んでいるのですが、定価からかけ離れた値付けってあまりないですよね。

たまに処分価格で思いっきり安くなっているものもありますが、それも「処分したい」っていう消極的な気持ちから付いた値段です。

でも、リサイクルショップの値札って、「この値段で売りたい」ってお店が付けた値段です。僕はこれを積極的な値付けと呼んでいます。

そこにはお店側の意気込みとかエネルギーが注ぎ込まれているんです(大袈裟)

 

大多数の商品には「たっけえなぁ」とツッコミをいれつつ、ほんの一握り存在する「マジか!」と思う掘り出し物を探し、ワクワクしながら店内を眺める。

そこにあるのは僕とお店との値札を介した勝負の世界です(また大袈裟)

 

そんなに掘り出し物があるの?って思うかもしれませんが、経験上仕入れられる商品は毎週出てきます。

毎週って言ったのは、週に1回のペースで僕が通っているからです。掘り出し物ってやっぱりすぐ売れちゃうんですよ。だからこそ店舗仕入れはタイミング次第、運任せってなっちゃいます。

そこを敬遠する人も多いと思うのですが、リサイクルショップに持ち込まれている商品の数を見ているかぎり、週一回でも仕入れられないってことはないです。

リサイクル市場が活性化している近年、毎日たくさん商品がお店には持ち込まれています。

大量の商品がある中で、100%相場に合わせた値付けをするのは無理です。もしそんなお店があったら逆に流行らないと思います。おもしろくないから(個人的感想)

仕入れに行くなら、できれば平日がいいですね。土日は買取と販売で忙しいはずなので、店舗に品物が並ぶのは平日の方が多いからです。

商品がたくさんあって、どれを見たらいいかわからないって場合に、値札の日付を見て新しいものだけをチェックするっていう技もあるので、ここでも値札を介した勝負ができますね。

(これ、さらっと書きましたが、仕入れに重要なことだったりします)

 

そんな楽しい仕入れができる場所が好きです。

今日も値札を眺めるのを楽しみにお店を回ってきます!

 

 

本日もありがとうございました(´▽`*)

 

応援のクリック、よろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ

 

 

 

「好き」を「仕事」に

f:id:No131warehouse:20170818115656j:plain

 

「自分の好きなことを仕事にしている人」

この言葉に何を感じるでしょうか。

僕はうらやましいと思います。

好きなことを好きなだけやってお金ももらえるんでしょって

同時に好きなことが好きじゃなくなりそうって心配にもなります。

 

好きだけじゃ生活できない。好きなことを仕事にできるのは限られた人だけだって。

 

それでもこの言葉に心惹かれる人は多いと思います。

 

自分も就職するときには「人の役に立つ仕事を!」なんて意気込みでいましたが、組織の中でいろいろ埋もれていきました。

それでも仕事への姿勢がアツい人っているじゃないですか。

何事にも全力投球で、ポジティブな発想の人。

「この仕事が好きなんだろーなー」って思ってて、どこか羨ましかった。

そんな同僚を横目に、自分から出てくるのは「定年まで耐えて、そこから好きなこと、、、」って思い。

どう考えても負けてます。

  

自分が好きなことできるの何十年後だよって。

 

結果的には「せどり」という好きなことを見つけて、楽しく生きている僕ですが、みんなが正社員をやめてネットビジネスを初めてほしいとは思わないし、言いません。
今、正社員で働いている人の方が、自分より頑張ってる人だって感じてますから。

 

ただ、今になにか満たされないものがある人には、好きなことを仕事にしてほしいと思います。

簡単ですよ、好きを仕事にするのは。

仕事にする=本業にするじゃないですからね。

 

僕はたまたま好きなことが「せどり」だったからわかりやすかったけど、
それがどんな趣味であれ、副業にしてしまった方がいい。
たとえばファッションが好きならWEARにコーディネートをあげつつメルカリで服を売ればいい。
趣味のブログを書いてアドセンス広告を載せることができれば、それでもう立派な「仕事」です。

今はホントにいい時代で、誰でもSNSで発信できるし、ヤフオクメルカリで簡単に売り買いできるし、ココナラ みたいなスキルマーケットのおかげで、個人のサービス提供も敷居が低くなりました。

誰でも「好き」を「仕事」にできる時代になっています。

 

不思議なもので、何か一つ自信がつくと、他のことにも自信が出てきます。

副業で本業以上に稼いだことで仕事を辞めたって人もいれば、そこで得た経験と自信で、本業にも注力できるようになったって人が周りにはいます。

 

 好きなことをするために本業を頑張ろう。

 好きなことがあるならそれを副業にすればいい。

 

 好きなこと「も」仕事にする。

そういう人、カッコいいなって僕は思います。

 

本日もありがとうございました(´▽`*)

 

応援のクリック、よろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ

 

 

 

「好き」を「強み」に

f:id:No131warehouse:20170817113211j:plain

 

一昨日、3箱納品した人を見かけたので、僕は負けじと6箱納品してきました。

負けてられないですからね。

 

www.sedorhythm.com

それにしても、自分から「負けてられない」なんて気持ちが出てきたことが驚きです。

僕はあまり競争意識は高くない、というか人と勝負するのは避けてきました。

そんな意識からか購入するときに競り合わないといけないようなトレンドものや、売るときに競合と値下げ合戦をするような量販店の処分品は、あまり仕入れたくはありませんでした。

そこを狙ってがっちり稼いでいる人もいますが、そういった競合者をさけるようにリサイクルショップでの仕入れを続け、その中でも他の人が見ないような雑貨や家具なんかを好んで仕入れていました。

どんどんニッチになっていったんですね。

 

そうやって競争の少ない田舎でのんびりとせどりを楽しんでたわけですが、そんな僕がBEC3.5期なんてところに飛び込んでしまったことで、変わり始めたと感じています。

 

www.sedorhythm.com

BEC3.5期に入れたのも、去年初めて参加したせどりコミュニティの繋がりがあったから。

間違いなく人を成長させるのは環境だと言えます。知識は教材や独学でも学べますが、同じ目標を持った仲間と出会うことは、新しい環境に飛び込まないと得られません。

気付けば塾のセールス文句みたいになってきたので、この辺でやめておきますが、逃げの姿勢とはいえ、得意ジャンルつくれたことは、いろんな場面で役に立っているってことを今日は記録しておきたいと思います。

「ぬいぐるみと家具の仕入れが得意です」なんていうと、コミュニティでも目立ちますからね。まぁ不思議ちゃんだと思われる可能性もありますが、それでも埋没してしまうよりはいいはずです。ぜひ、自分の「好き」を「強み」にする努力をしてください。

 

本日もありがとうございました(´▽`*)

 

多くの方にせどりの楽しさを伝えていきたいので、応援のクリック、よろしくお願いいたします

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ

 

 

 

仕入中に声をかけられたら迷惑ですか?

昨晩、郵便局の時間外窓口に行きました。

ヤフオクで売れたものの発送のためですが、そこでamazonへ商品を発送する人を見かけました。運んでいた段ボール3箱にFBAのラベルが貼ってあるのですぐにわかります。

「その柔軟剤どこで仕入れたんですかー?」と聞いてみたい気持ちになりましたが、それって迷惑だろうなと思って我慢しました。

世間一般ではお盆休みという時期らしいです(ワタシアマリカンケイナイ)

きっと多くの人がビール飲んで寝ている時期でしょう。

そんな時にこの人は納品作業に勤しんでいたのだろうなって思うと、負けてられない!って気持ちになりますね。

そんな気持ちが生まれたので、直帰の予定を変更し、慌てて閉店間際のセカストに向かい、4000円→8000円の電子辞書を仕入れることができました。

 

 

f:id:No131warehouse:20170816102928j:plain

 

そういえば以前にせどらーに声をかけたことがあったのを思い出しました。

2年くらい前でしょうか。富山のセカンドストリート小杉店です。

定例のパトロールをしていた時に、大学生のような若者がスマホを確認しながら、かごにどんどん商品を入れているのを見かけました。

しばらく横目で気にしていたのですが、

あまりの調子よさそうな仕入れ姿に驚き、釣り人のように「釣れてますねー」と声をかけてしまいました。

当時はヤフオクしか販路がなかった僕には、彼がかごに入れている商品が利益が出そうに見えなかったんです。

かなり怪しい行動をとってしまった自分ですが、彼はamazonで売れるものがいっぱいあるんですよと教えてくれました。

当時はそんなもんなのかぁ、不思議なものだなと半信半疑、いや全然理解できませんでしたね。

 

その後、自分もamazonでの販売を始め、新品商品も仕入れられるようになったのですが、今なら彼の選んでいた商品も何となく理解できます。

 

結構自分の常識とか見ている世界って狭いのですが、それに気付けているかどうかがそのまま稼ぎにつながってくると思いますね。

視野を広げるためには情報を持っている「人」とつながることが大事ですし、情報をもらいたいと思ったら同じくらい自分も情報を提供できないといけません。

まずは自分の得意分野を磨くこと!そしてその情報は惜しみなく外に出すことが自分の成長の近道なんじゃないかと思います。

自らの情報を教えるなんてもったいない、と思うかもしれませんが、自分の得意な分野以外の情報って、聞いても実践する人はごく少数です。逆に自分はその少数になることを意識し、貪欲に情報を取り入れ実践できれば、稼げることは間違いないです。

そんなわけで僕もこのブログでできるかぎり情報提供していきますので、情報が欲しい!って思っていただけたら、応援クリックよろしくお願いいたします!

本日もありがとうございました(´▽`*)

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村


せどり ブログランキングへ